宝塚・川西・西宮の新築/注文住宅・リフォーム・リノベーションなら「ハウスプラン匠」

  • 0797-71-0247
  • Contact

ハウスプラン匠

リフォームの施工事例

ハウスプラン匠ならさまざまなリフォームに対応可能!
豊富なリフォーム実績の一部をご紹介いたします。

リフォーム施工事例

実際の事例をチェック!

お庭に人工芝生を

Before
IMG_3958
  • IMG_3927
  • IMG_3956
  • IMG_3942
  • IMG_3938
  • IMG_3940
After
IMG_4025
  • IMG_4016
  • IMG_4018
  • IMG_4015
  • IMG_4023
  • IMG_4020

【西宮市S邸】

庭の手入れが苦手で、雑草処理も避けたい、土のままだと雨の日の泥はねや、庭で子供が走りまわった靴の土汚れを考えると、やっぱり緑が欲しくなります。だけど天然芝はお手入れが大変・・・。お世話する自信が無い・・・。そんな施主様に、人工芝生を提案させて頂きました。品質の高い人工芝生は、天然芝より値段が高いですが、天然芝のように肥料がなくても、ずっと自然な草緑色です。見た目がキレイで、耐久性が高く、天然芝に比べてメンテナンスがラクです。なので、時間と労力をかけてお世話する手間はいりません。お庭リフォームの選択肢の一つとして、お考えになってみるのはいかがでしょうか。

マンション防音工事

Before
IMG_3473
  • IMG_3472
  • IMG_3470
After
IMG_3879
  • IMG_3880
  • IMG_3610
  • IMG_3613
  • IMG_3615
  • IMG_3616

【西宮市M邸】

今回、西宮市M様から、LDKから発する音、テレビ、ステレオ等、隣接する洋室に聞こえないよう、防音工事を検討して下さいと電話連絡があり、現場確認をした所、LDKから洋室に聞こえる音は、間仕切壁がない状態によく聞こえました。間仕切壁にテレビ、ステレオ設置して、音の発生源が近い事もありますが、この状態を改善すべき防音工事による調査をします。
建物は鉄筋コンクリートです。間仕切壁の仕上げボードを除去致し、新たに既存の下地壁と空(アキ)をつくり、吸音材、防音材等、透過損失の数値の大きい建材を選定。音の高低周波数も検討致し設計します。特に施工の仕方が重要で(詳細は省略)床、天井の下地材は制振材の施工は出来ていますが、壁下地間柱の床、壁、天井に接する部分、及びアンカー、ビス等にも制振材の考慮は必要です。隙間なくきめこまやかな施工、及び管理が出来れば結果がでます。

西宮市M様より
以前より隣接するLDKからのテレビ音、ステレオ音がうるさくずっと我慢して生活していましたが精神的に疲労致し、静かな環境を、と言う事でお願いしました。防音リフォームをして音がピタリと止まり安心して生活しています。思っていた以上に結果が良くて満足しています。

水廻りリフォーム・玄関

Before
IMG_2986
  • IMG_2957
  • IMG_1886
  • IMG_2953
  • IMG_2955
  • IMG_3235
  • IMG_3236
After
IMG_0778
  • IMG_3216
  • IMG_0769
  • IMG_0781
  • IMG_0782
  • IMG_3440
  • IMG_3439

【宝塚市K邸】

《 ダイニング 》
リビングのアンティーク家具の意匠性に合わし、銘木の木材から選びぬいた、こだわりの素材で造作加工を致し、塗装においても厳選した植物塗料で5回塗り。上品なヴィンテージデザインに仕上りました。

《 玄関 》
硬質シートから天然石材ブルーパールに貼変えただけですが、周囲の建材シューズクロークやホワイトオークの床材に高級感が増し、素敵なエントランスに仕上りました。

《 キッチン 》
マンション購入時から使用されているキッチンで、今回新しく リクシル リシェルSI に変えたいということで、某リフォーム会社の担当から、リシェルSIはマンションには施工できないということを聞かされ諦めてかけていた所、施工上既存の造作と管工事を工夫する事によりすっきり収まり、食器棚との一体感がシックで落ち着いた雰囲気のキッチンに。

《 トイレ 》
既存の便器位置において狭さを感じるので改善したいという事で、LDKのクラシカルなイメージにトイレも調和。アンティーク水栓、排水金具等にもこだわり、カウンターは人工大理石に陶器のボウル等、間接照明がトイレ空間の品位を感じさせ、ホテルライクに仕上りました。

屋根・外壁の塗装工事

Before
IMG_3542
  • IMG_3751
  • IMG_3779
  • IMG_3781
After
IMG_3948

【伊丹市Y邸】

28年前に設計を依頼して頂き、今回は屋根・外壁の塗装が傷んできているとの事で現場調査にいきました。屋根は表面の塗装が剥離状態でした。外壁は、チョーキング現象(外壁を指でなでると手に粉状のものが付着する状態のこと)が見られました。屋根は遮熱塗料、板金部分は遮熱防食工法、外壁はセラミックシリコン施工。塗装工事で重要な事は、材料の品質はもちろんの事、それ以上に施工の仕方が特に重要です。屋根・外壁共、下地の素地調整・ケレン処理・高圧洗浄等において下地を最適な状態にする事が重要です。次に下塗りとしてサーフェイサー・プライマー等で塗装しますが、仕上げ材の塗料に合った材料か、必ず製造日と共にチェックをします。そして中塗り塗装をし、仕上げ塗装をします。一般的に中塗り塗装と仕上げ塗装は同じ材料で塗るので、ここでも必ずチェックが必要です。中塗り塗装だけでも、仕上げ塗装したのと表面的にはあまり変わらないので見分けが困難ですが、後々の塗装の耐久性においては優劣の差が出てきます。塗装職人に任せるのではなく、信頼と知識と行動のできる現場管理者は必須です。2週間程度の期間ですがキメ細やかなチェックをする事で、品質の高い仕上げになります。

オーソドックスな和風住宅からまるごと洋風住宅へ

Before
画像080921 037
  • 画像080921 031
  • 画像080921 013
  • 画像080921 008
  • IMGP0269
After
画像080921 2756
  • 画像080921 2540
  • 画像080921 2551
  • 画像080921 2568
  • IMGP0304

【大阪市S邸】

既存の建物の外観を洋風のイメージに仕上げ、内部は高齢のお母様が住むという事でバリアフリーはもちろんのこと、サッシ・床・壁・天井の断熱性能を上げ、心地よく過ごせる空間へリノベーションします。1階・2階共広く使えるよう家事動線も考慮した間取りの変更と、階段勾配を45°から35°に造り直しました。以前より住まわれている施主様のお母様より感謝の言葉をいただき、仕事の苦労も喜びにかわりました。

1 / 41234

収納アイテム

賢い収納を実現!

収納の扉の開閉を変えることで、機能的でお部屋のセンスもよく見えます。

開いた扉をキャビネット側に収納するため、キャビネット周辺のスペースを有効に活用出来ます。

扉をキャビネットの天板に水平収納するため、キャビネット内部を最大限有効に使うことが出来ます。

手動で簡単に上開き扉用と下開き扉用が切り替えできます。

扉を閉じた時、引き違いの扉はフラットになり段差ができないため、
すっきりしたキャビネットになります。左右どちらも1枚ずつ開閉できます。

扉を開く時の軌跡が開き扉に比べて小さく、キャビネット前のスペースが狭くても使用できます。
片開き、観音開きなどの開き方の組み合わせが可能です。

棚は木棚とガラス棚があり、目的やデザインに合わせて自由にレイアウトできます。
後耐荷重タイプの調整付棚受システムです。壁面を利用したオープン感覚。
棚のレイアウト変更や脱着が自由にできます。

この他にも、機能的で数多くのデザイン性の高い収納システムがございます。
ご相談・お見積りは無料ですので、どうぞお気軽にお問合せください。

▲PAGE TOP